快適な睡眠をとるための方法

Natrol(ナトロール)

Articles by Natrol

こちらの記事は、パートナーブランドであるNatrol(ナトロール)の許可を受け、日本語訳化した記事になります。元記事はこちら

何があなたを眠らせようとしないのでしょうか?

 両親の病気や、爆発しそうなくらい忙しい仕事のプロジェクト、野球の試合に関する子供の悩みなど、夜眠れなくなるようなことはたくさんあります。私たちがコントロールできないこともあれば、私たちの力で変えられることもあるのです。『BEAUTY SLEEP』(Plume、2008年)の著者であるマイケル・ブレウス博士は、「日中に行うほとんどのことが、あなたの睡眠に影響を与えます」と述べています。これは、良くも悪くもという意味です。加齢の様々な側面でも、睡眠が妨げられることがあります。年をとると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が少なくなります。女性の場合、更年期には睡眠が難しくなるため、さらに厳しい状況になります。しかし、ある種の習慣が強力な睡眠補助剤になることは確かです

よりよい眠りのための5つのコツ

  1. 定期的な運動:定期的な運動と瞑想が睡眠の質を向上させるという研究結果があります(ただし、運動が体に及ぼす影響を知ることが重要です。例えば、運動することでエネルギーが長持ちするのであれば、1日の早い時間にジムに通うようにしましょう)。
  2. 電子機器を使わない:就寝の1時間前に電子機器を使って脳を興奮させると、夢の世界へと誘われにくくなります。特に、ブルーライトで光る画面は、脳が目を覚ますための最も重要な合図となるため、悪影響があると言われています。
  3. 睡眠時間を決める:週末も含め、毎日同じ時間に就寝・起床する。
  4. 寝室のオアシスを作る:寝室の雰囲気は、暗闇にし、乾燥している場合は加湿器を使用し、快適な温度、そして良い寝床にする必要があります。
  5. メラトニンサプリメントの摂取を検討する:メラトニンは、100%薬物を含まない睡眠導入剤で、より早く眠りにつき、一晩中眠気を持続させる効果があります*。

 15分ほど経っても寝付けない場合は、ベッドを出てもう一度リラックスしに行きましょう。やわらかい光の部屋で、本の別の章を読んだり、やわらかい音楽を聴いたり – あるいは、眠気を誘うために、寝る前にリラックスするための4つのヒントを試してみてください。

ベッドに入る前にすること

  • 漸進的筋弛緩法:足先から順に、体の各部位を締め、弛緩させましょう。
  • イメージを集中させる:海の近くで日光浴をしているイメージや、静かな小川のそばに横たわっているイメージなど、自分が落ち着くイメージであれば何でもOKです。
  • 腹式呼吸:深く呼吸して、お腹に空気を送り込みます。
  • 瞑想:録音したものを聴くか、一人で行いましょう。

 *これらの記述は、食品医薬品局によって評価されたものではありません。これらの製品は、いかなる病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

タイトルとURLをコピーしました